HOME > Creator


伊東写真NNN 人力飛行機1997-025.jpg人力飛行機を製作する伊東孝彦氏

 このプロジェクトは、雪ケ谷制御研究所社長の伊東孝彦さんが発案し、自ら設計、製作を行い32年間も誰も成功していない人力ヘリコプターに関するシコルスキー賞を獲得すると宣言をしたことから始まりました。

写真伊東プロフィール用.jpgメンバーの頁でプロフィールについては記述しましたが、伊東さんは常人では考えられないような技術者魂を持って取り組んできました。その片鱗をまとめると、下記の通りです。

  • 大企業への就職斡旋を断って、当時では珍しいフリーターになり、機械・電気関係の考案、設計、製作、試運転をパッケージで受託して生計を維持。
  • 雪ケ谷制御研究所を設立したものの、すべて自身の頭脳と技量で創造してきた。このスタイルは大学を卒業後約50年維持している。
  • 機械・電気関係の考案、設計、製作、試運転を提案して受託する特異なビジネスモデルで取り組んできた。
  • 勤務形態は、常人と違って正月と入院以外は月月火水木金金のフルデイで創造に没頭。発明や論文発表も数多いが、収入の伴わない委託研究以外のプロジェクトでも、興味が湧いたら寝食を忘れる。
  • 受託した業務とは別に、興味を持った案件には自己資金を投じて研究を続ける。その例では、人力飛行機、忍者の浮き袋、和船の艪の近代化、電気自動車など数多い。キャパシタを利用した架線のない電車の実験にはゴルフ場を借りて線路まで敷いてしまった。このシコルスキー賞挑戦も、その線上にある。
  • 数多くの発明をし、特許も取得しているが、特許権をお金に換えることには、余り時間を割きたくなく、むしろ人様のためになる発明を行い、社会に貢献してきた。

雪ケ谷制御研究所 HP

以下に、伊東氏の業績の一部を紹介しよう。

グロープラグ・プロジェクト

グロープラグ画像.jpg ディーゼルエンジンに使うグロープラグの革命的改良があります。1973年のオイルショックの時に大手自動車会社の委託により、考案、実験、試作、特許取得まで行いました。当時、始動までに25秒掛かっていたのを一気に1秒に縮めました。現在では、その改良型グロープラグが全世界で使われています。セラミックヒーターの発想、実験、試作を行ったのもその時でした。

プロジェクト時機  1973年頃
クライアント  いすゞ自動車
行ったこと 改良の発案、試作、実験、製品化、特許取得
行った内容 従来ディーゼルエンジンの始動には25秒かかった。ディーゼル乗用車を発売したが、ガソリン車に比較して始動が遅いのが問題になった。グロープラグを改良して、1秒で始動できるようにした。
キーポイント それまで、グロープラグに掛ける電圧は変えられないと思い込まれていたのを、発想を転換、数日で試作、実験を行うことで、改良されることを証明した。
効 果 現在は、この改良型グロープラグが全世界で使われているので、クライアントには、膨大な特許料収入をもたらした。クライアントのディーゼル乗用車の売り上げ貢献は勿論、発明により、株価も暴騰した。
備 考  

キャパシタ自動車プロジェクト

伊東写真VVV キャパシタ004.jpg

キャパシタを5千本つないで自動車を動かす発想を即実験をして実証して見せたのは1980年代の終わりでした。現在米国のステラモーターが同じ発想で急成長していますが、20年も先行していました。


プロジェクト時機  1980年代終わり頃
クライアント  自主開発
行ったこと 発案、キャパシタの5千本買い付け、試作自動車に取付、実験、製品化の可能性を証明
行った内容 実際に、アルミとベニア板のボデーを作り、電動機も手巻きで製作し、5千個のキャパシタをつなげた電気自動車を設計、製作し、走行実験まで行った。
キーポイント それまでは従来の電気自動車の発想は、専用電池の開発であった。量産型の安いキャパシタを5千個もつなげて、電気自動車に使う発想を、実際に実機を作り実験をして見せた。現在、米国のステラモーターが同じ発想をして、世界で話題になっているが、20年も前に発想をして実験を行ったいた。
効 果 メーカーが取り上げなかったので、自主実験だけに終わった。
備 考  

 下の画像をクリックすると拡大表示されます。

試作電気自動車の全体写真試作電気自動車の全体写真試作電気自動車の全体写真伊東写真UUU 電気自動車車体013.jpg伊東写真UUU 電気自動車車体013.jpgボデーをベニア板でつくり試乗電気自動車ボデー写真運転席電気自動車前面写真電気自動車試作車写真フロント部

試作電気自動車のシャシー部分写真試作電気自動車のシャシー部分写真試作電気自動車のシャシー部分試作電気自動車のシャシーの一部試作電気自動車のシャシーの一部試作電気自動車のシャシーの一部電気自動車ボデー写真運転席試作電気自動車の車輪部分試作電気自動車の車輪部分

以下制作中    ○○プロジェクト 



プロジェクト時機 制作中
クライアント
行ったこと
行った内容
キーポイント
効 果
備 考  

以下雪ケ谷制御研究所のプロジェクトの説明が続く予定 制作中

雪が谷電話番号画像.jpg